MENU

中性脂肪を下げるには禁酒しなきゃダメ?

 

 

食べ過ぎの他にも、中性脂肪値を上げてしまう行為があります。それは、飲酒です。お酒に含まれるアルコールには中性脂肪を上げる作用があります。ここでは、中性脂肪値を下げるためのアルコールとの付き合い方について、お話しましょう。

 

飲酒でなぜ中性脂肪値が上がるのか

 

過度な飲酒が健康を害するのは多くの人が知っていますが、中性脂肪値を上げるというのには納得がいかない人もいるかもしれません。中には、アルコールに含まれる糖質の問題を思い浮かべる人もいるでしょう。お酒が中性脂肪値を上げてしまうのは、肝臓の働きが関係しているのです。肝臓は実に幅広い働きをしており、アルコールの解毒も重要な役割の一つです。アルコール以外にも、肝臓には解毒をしなければならない物質が山ほどあります。例えば、糖質や脂質にしても、肝臓の働きなくしては分解も合成もできないのです。
お酒を飲むと、含まれる9割のアルコールは肝臓に運ばれていきます。そして解毒が始まるわけですが、そのとき発生する有毒物質のアセトアルデヒドがさらに無害な状態になるまでは、体調不良にさせるような様々な症状が出やすくなります。いわゆる、二日酔いの状態です。

 

二日酔いの状態から解放されても、何度か繰り返されるうちにアセトアルデヒドは脂肪の分解を抑制してしまうのです。それだけでなく、中性脂肪のもととなる脂肪酸の合成を高めてしまうのも脅威です。アルコールを飲み過ぎたり常飲していると、中性脂肪値が高くなるのはこのような理由です。

 

たまに飲むのが適切

 

女性などにチョイ飲みの晩酌が流行っている中、女性のアルコール中毒者が増えているといいます。理由は、大量に飲まずとも毎晩のようにお酒を飲むことで、アルコールが体内に悪影響を与え続けるため。中性脂肪値についても、少量のアルコールを毎日飲み続けて高くなることもあり得ます。お酒はたまにたしなむ程度にするのが中性脂肪値を下げるためには必要なようです。