MENU

中性脂肪を下げないとどんなリスクがあるのか

 

 

中性脂肪値を下げようと話題になっていても、世間が騒いでいるだけ、自分は何も困ることがないと思うがままに食べ続けている人もいるでしょう。確かに、中性脂肪値が上がったところで、それだけでは自覚症状が乏しいでしょう。だからこそ、健康診断で測定しない限り、中性脂肪値が高いかどうかは判明しにくいのです。しかし、中性脂肪値が高いままでは、健康に重大なリスクを抱えてしまう可能性まで高くなってきます。ここでは、中性脂肪値を下げないとどんなリスクが出てくるのかについて、お話しましょう。

 

悪玉コレステロールの増加

 

中性脂肪が増えてしまうと、コレステロールの中でも悪玉コレステロールと呼ばれる物質が増えてしまいます。悪玉コレステロールには、血管を詰まらせるような作用があります。そのため、動脈硬化や心筋梗塞を起こしやすくなり危険なのです。中性脂肪が増えると、悪玉コレステロールが増えるだけでなく、善玉コレステロールの減少も招いてしまいます。逆に中性脂肪が少なければ悪玉コレステロールも少なくなり、健康な体の状態になれるのです。

 

コレステロールと中性脂肪の違い

 

コレステロールと中性脂肪は、共に過剰に増えると健康に害がおよぶといわれる物質です。しかし、コレステロールと中性脂肪は、似ているようでいて全く異なる存在です。コレステロールは細胞膜や筋肉を作るうえで欠かせないホルモンの材料となり、適度な摂取は健康を保つために必要です。しかし、過剰に増えると悪影響をおよぼす働きも持っているため、過剰に増えたコレステロールを悪玉コレステロールと呼んでいます。中性脂肪とはお互いに影響を与え合う物質のため、共に過剰な摂取や蓄積をしないように気を付けましょう。