MENU

中性脂肪を下げたいときに気を付けたい炭水化物と脂肪

 

 

中性脂肪値を下げたいときには、脂肪分を控えるという鉄則があります。ところが、油抜きをしているのになかなか中性脂肪値が下がらないという方もいるかもしれません。そこでここでは、中性脂肪値を下げたいときに注意すべき脂肪と炭水化物について、お話しましょう。

 

脂質はどうやって中性脂肪になるのか

 

食べ物から摂取した脂質が、どうやって中性脂肪へと変化するのかには、複雑な働きが作用しています。まず、脂肪分を摂取すると、体内の消化液と酵素によって遊離脂肪酸とグリセロールへと分解されます。分解された脂肪分は吸収されやすくなり、再び遊離脂肪酸とグリセロールが結びついて中性脂肪となります。出来た中性脂肪が血液中に増えてくるのは、中性脂肪が血液になじみやすいカイミクロンという物質に変わるからです。エネルギーが不足してくれば消費されますが、消費されなければ蓄積されたままの中性脂肪となるわけです。

 

炭水化物が中性脂肪になる仕組み

 

炭水化物といえば、お米や麺類、パンにも多く含まれる栄養素です。体に絶対に必要な栄養素でありながら、摂り過ぎれば体の害にもなり得るため、摂取量には注意が必要です。炭水化物には糖質が多く含まれるため、エネルギーとして消費されなかった分は中性脂肪になってしまいます。糖質が分解されてブドウ糖になると、エネルギーとして使われなかった分が肝臓に運ばれて蓄積されます。
肝臓では遊離脂肪酸とブドウ糖が結びついて中性脂肪となりますが、血液になじみやすいためにVLDL(超低比重リポたんぱく)となって血液中を流れるのです。脂質や糖質から摂取した余剰分である中性脂肪は、タンパク質から作られる中性脂肪よりも消費される優先順位が低いといいます。