MENU

食べれば食べるほど中性脂肪が下がる?魚介類

 

 

 

食事の栄養バランスや食べる量などに注意をするのが、中性脂肪値を下げるのには必須の条件。とはいえ、現代の食にあふれた日本で、食の誘惑に負けずに過ごすのは大変です。美味しいものには、高脂肪や高糖分な食べ物が多いのも困ったことですね。しかし、中には食べれば食べるほど中性脂肪値が下がるという食品も発見されているといいます。ここでは、そんな便利な食品について、お話しましょう。

 

青魚の刺身がおすすめ

 

中性脂肪値を下げる成分として、DHA・EPAが注目されています。DHA・EPAが多く含まれる食品といえば、青魚が代表格

 

そこで、食卓にも青魚を積極的に取り入れることをおすすめします。食べれば食べるほど血液をサラサラにしてくれて、中性脂肪値を下げる期待があるといいます。ただ、DHA・EPAは加熱すると減少してしまう特徴があります。

 

加熱調理よりも、お刺身で食べるほうが効果的だといえます。サバやアジ、カツオ、イワシ、ブリなど、一年を通して店頭に安価に並ぶ青魚が中性脂肪値を下げてくれるのに役立つなんて、嬉しいですね。

 

野菜や海藻、キノコ類を積極的に

 

どんどん中性脂肪値が下がるということとは少し違いますが、野菜や海藻類、キノコなども脂肪や糖分を吸収させにくくする作用を持っているといいます。そんな作用を出すには、食事の一番はじめに野菜類などを食べるのが効果的です。そうすれば、野菜などの後にとった脂肪分や糖分の吸収を抑えてくれます。野菜や海藻、キノコなどは、大概が低カロリーです。

 

ただ、中にはニンジンやカボチャ、ゴボウなどのように糖質を多く含む野菜もあります。糖質はエネルギーとしてすぐに消費されなければ、脂肪分として蓄積されてしまいます。つまり体脂肪になってしまうため、脂肪分そのものと共に糖質も控えたほうだ中性脂肪値を下げることにつながるのです。