MENU

中性脂肪を下げる一番の食品は?

 

 

中性脂肪値を下げる食品は、盛んに研究が行われています。厳密にいえば食品というより、食品に含まれる成分が中性脂肪値を下げる働きを持っているわけですから、サプリメントなどの健康食品で摂取しても同じ働きに期待できるでしょう。ここでは、中性脂肪を下げる食品の成分について、お話します。

 

首位はDHA・EPA

 

DHAとEPAは魚の中でも特に青魚に多く含まれる脂肪酸で、オメガ3系の仲間です。オメガ3系脂肪酸には、血液をサラサラにしてくれる作用があるといわれています。つまり、血液を流れやすい状態にしてくれるということです。悪質な脂肪酸を摂り過ぎていると、血液がドロドロの流れにくい状態になっていきます。すると、肥満はもちろん、動脈硬化や心疾患などを起こしやすくなってきます。そのため血液サラサラ状態が健康的だとされているのです。

 

DHA・EPAは身近な魚介類に多く含まれているにもかかわらず、近年では青魚を常食する人が減ってきています。そのため、DHA・EPAの摂取も減少し、厚生労働省でも摂取の推奨を叫んでいます。魚離れが進む中、普及し始めたのがDHA・EPAのサプリメントです。そもそも、十分な量のDHA・EPAを摂取できるほど、大量の青魚を毎日食べ続けるのは困難。というわけで、DHA・EPAのサプリメントは人気も高まっています。

 

ナットウキナーゼも人気

 

ナットウキナーゼは納豆のネバネバ成分に含まれる酵素の一種なのですが、最近の日本では納豆をあまり食べない人も増えています。味や匂いが苦手とまではいかなくとも、他に美味しい食べ物が多くなったからでしょう。もちろん苦手な人もいて、納豆そのものを食べて中性脂肪値を下げようというのは無理があるこもなのかもしれません。

 

その点、ナットウキナーゼのサプリメントは画期的です。味も匂いも気にならず、納豆の成分のいいとこどりが出来てしまうので、人気が出るのも当然ですね。