MENU

DHA・EPAはなぜ中性脂肪を下げるのか

 

 

中性脂肪値を下げるための成分として取り上げられることが多い、DHA・EPA。確かに青魚に含まれる成分というと、何となく健康的な感じもします。

 

しかし、実際、DHA・EPAがどんな働きをしてくれるのか、なぜ中性脂肪値を下げるのに良いのかハッキリ理解していない方もいるかもしれません。ここでは、DHA・EPAが中性脂肪値を下げることについて、お話しましょう。

 

血液サラサラ効果とは

 

血液サラサラとか血液ドロドロなどといいますが、これは血液の状態を示した表現です。食べたものがエネルギーとして消費されなければ、血液中にも脂肪や糖分が多量に流入してしまうことがあります。そんなことになれば、血液が濁ってドロドロになり、流れにくくなるというのが血液ドロドロの状態です。

 

逆に血液サラサラの状態は、全身を血液がスムーズに流れていることを指し、不要物が血中に少ないことを意味しています。もちろん、健康を目指すうえでの理想は血液サラサラ状態です。

 

血液ドロドロの状態では、血管内で血液がかたまりを作ってしまうこともあり、流れにくくなった血液を流そうと心臓が高い圧力をかけることになります。すると高血圧となり動脈硬化や心疾患などをもたらすことになりかねません。

 

DHA・EPAには、血液サラサラの状態に近づけてくれる利点があるといいます。それは、良質な脂肪酸を多く含んでいるからです。ただし、DHA・EPAを摂取しているからといって、質の悪い脂分をたくさん摂取しているままでは意味がないことも認識しておきましょう。

 

数々の実験で中性脂肪値を下げた結果

 

DHA・EPAは青魚などの食品からもとれますが、十分な量を摂取したいと思ったらサプリメントが便利です。DHA・EPAのサプリメントを発売しているメーカーでは、それぞれに実験をして中性脂肪値を下げたという結果を発表しています。やはり、実際に中性脂肪値が下がった結果が出ているDHA・EPAのサプリメントは気になりますよね。